夏のダメージ!



夏のダメージ 「サビ」「コゲ」「めぐり悪化」

「サビ」→酸化 酸化とは、簡単に言うと「サビた状態」のこと。

「鉄がさびる」「切ったリンゴが茶色くなる」なども酸化によるもの。

人の人体も酸化してしまうと'疲れる''老化''病気'などの様々なトラブルが生じます。

夏の強い紫外線は有害な物質を沢山含みます。

無防備に太陽を満喫していると、皮脂の酸化や皮膚組織の酸化など、老化ダメージが進んでしまう恐れが!

染めたカラーの退色にも影響します!

日焼け止めを塗るのも大切ですが、根元からしっかり髪と頭皮をケアするためには、皮脂バランスを整えるアイテムでけあなのつまりやをスッキリとりましょう!

酸化ダメージをケアするトリートメントを取り入れるのも効果的です!


「コゲ」→糖化 摂りすぎた糖分が身体で蓄積すると、「コゲ」を起こしてしまいます。

食パンがコゲて茶色くなるように、肌が「黄ぐすみ」したり、硬くなって弾力をうしなってしまったり。

この状態を「糖化」といいます。

夏の楽しみには糖分はつきもの。

夏ダメージに合わせたトリートメントでくすみや硬さが出てしまった頭皮にふっくら弾力を与えて、糖化のリスクから美しい髪と頭皮を守りましょう!


「めぐり悪化」→代謝低下 夏は四季の中でもっとも代謝が落ちる季節だということをご存知ですか?

冬は体温調節のために熱をより多く発するため、何もしていなくても代謝がUPしますが、夏では逆の現象が起こるのです

。 夏はつい冷たい飲み物や食事をとってしまいがちになります。

クーラーの効いた部屋に長時間いるようでは代謝が下がる一方です。

めぐりの悪い状態をほっておくのはよくありません。

思い当たる方は頭皮、頭部をめぐりを整えるメニューで悪化のリスクを遠ざけましょう!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • macherie mukonosou
  • macherie mukonosou
  • macherie mukonosou
  • macherie mukonosou
  • Black Pinterest Icon

(c) macherie mukonosou All rights reserved

macherie mukonosou

兵庫県尼崎市南武庫之荘1-19-9
アクト武庫之荘B1
[阪急神戸線 武庫之荘駅から徒歩2分]

 

営業時間 10:00-20:00
定休日 毎週月曜日