NEW「強髪頭皮の整体」

「強髪頭皮の整体」


近年の最新療法 グロースファクター療法使用。

・幹細胞培養液

・アーユルベータハーブ

・細胞増殖因子

・エレクトロポレーション

・高周波(ラジオ波) を使用します。

施術は「頭皮の整体」後幹細胞培養液を頭皮に塗布し、ラジオ波を与えます。


「幹細胞培養液」は幹細胞を培養する際に分泌される成分で、細胞の受容体に結びつき活性させるさまざまな生理活性物質や皮膚組織に必要不可欠な細胞外タンパク質を豊富に含んでいます。


日本では美肌再生治療に活用されている他、発毛率90%以上と言われる頭髪発毛治療にも用いられています。アメリカや韓国等では既に化粧品成分として広く認知されており、「幹細胞培養液成分」配合の化粧品が革新的なアンチエイジング化粧品として人気を集めています。



「細胞増殖因子」歳を重ねるごとに、肌やからだに何かと不具合を感じるようになるのはいろいろな原因がありますが、その中でも、「ヒト成長ホルモン」の減少は大きな原因の一つになります。

ヒト成長ホルモンは、20歳頃の分泌をピークに減少し始め、40代で20代の半分にまで減ってしまいます。若々しい肌やからだを手に入れる続けるためにはヒト成長ホルモンの分泌を活性化させることが大切なことだと言われています。半分に減るとはいえ、ヒト成長ホルモンはいくつになっても新たに作り出すこともできます。良質な睡眠、適度な運動、バランスのとれた食事などがその生産の手助けをしますが、欠かせないのが「増殖因子」の働きです。ヒト成長ホルモンは増殖因子によって活性化され、新たに生み出されるのです。

この増殖因子は、成長因子(グロスファクター)とも呼ばれ、ヒト成長ホルモンを始め、様々な細胞の成長・増殖を促進するにとどまらず、キズを治すというとても重要な役割があります。他にも新陳代謝を促進する、自律神経のバランスを整える、抗ウィルス作用がある、など健康と美容に大きな関わりがあります。一口に増殖因子と言っても、種類も多く、からだの中それぞれの役割がありますが、肌に関しては、若さとみずみずしさを保つために欠かせない存在です。


「エレクトロポレーション」

電気パルスを肌に通すことで細胞と細胞の間に一時的に孔を開けて美容成分を肌の内部に浸透させるエレクトロポレーション。

有効成分の浸透率はイオン導入の約16倍~20倍といわれ、コラーゲンやヒアルロン酸といった分子量が大きくイオン化できない成分も導入することができます。

また、コラーゲンなどを導入する場合、注射を使うことがありますが、エレクトロポレーションならば、針などを使わず肌の奥まで美容成分を浸透させることができるので痛みもありません。

ダウンタイムも不要で肌を傷つける心配ありません。


「ラジオ波」

作用として、「血管拡張作用」血管を広げて血液の流れと代謝を促し、美容液を隅々まで届けやすくしてくれます。

「地肌汚れを分解」表面を温める事で、表面に残ったスタイリング剤や角栓様物質を取り除きやすくします。

ラジオ波でより多くの有効成分が供給されます。


7月以降のスタート、価格は4850円。

よろしくお願い致します!

特集記事
最新記事